支部規約


日本サーフィン連盟長野県支部規約

 

第1章 総則

(名称)

第1条 日本サーフィン連盟長野県支部という。

 (事務局)

第2条    本支部は事務局を長野県支部支部長居宅に置く。

  事務局 下記の実務を行う。

1.  支部内の金銭出納管理

2.  支部内新規チームの申請受付

3.支部内チームの登録正会員リストの管理

4.支部予選・支部主催大会の告知とエントリー受付

5.支部備品貸し出しの受付

6.その他支部内の事務処理

 (広報事務局)

第3条    本支部は広報事務局を長野県諏訪市のサーフショップ『ココパーム』に置く。

  広報事務局 下記の実務を行う。

1.大会、イベント、お知らせなどをインターネット等で告知

 

第2章    目的、用語の定義および事業

(目的)

第1条    本規約は支部の運営および活動等を円滑に行うことを定め、サーフィンの普及および振興、支部および会員の健全なる発展、増進を図ることを目的とする。

(定義)この規約において掲げられる用語の定義は、次の各号に定めるところによる。

一 「支部長」 日本サーフィン連盟長野県支部を代表する者をいう

(チーム代表者との兼任不可)

二 「支部理事」 第4章支部細則第6条に定める者をいう

三 「支部顧問」 支部内チーム登録の正会員2名を限度とする

           支部顧問は支部長および支部会の諮問に応じる

四 「チーム」 長野県支部に登録されているチームをいう

五 「チーム代表者」 前号に規定するチームを代表する者をいう

六 「支部会」 支部長、チーム代表者、支部顧問により構成され、支部の運営および活動等を円滑に行うための事項を処理する

(事業)

第2条    本支部は全条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)   サーフィンに関する一般への正しい普及

(2)   サーフィンの競技会(支部予選・支部主催大会等)および講習会の開催および後援

(3)   ビーチークリーン活動への積極的参加の呼びかけ

(4)   その他この団体の目的を達成するために必要な事業

 

第3章    資産

(資産)

第1条    支部の資産は次の通りとする。

1)        本支部会員の会費(会員協力費という)

2)        事業にともなう収入(エントリー費等)

3)        寄付金品

4)        日本サーフィン連盟からの還元品および支部購入品(以下備品という)

5)        その他の収入

(資産の保管・管理)

第2条    本支部の現金資産は事務局が保管し、支部会計監査役が監査する。

第3条    備品は事務局および各チームが分割して保管し、事務局がこれを管理する。

(会計)

第4条 支部の事業遂行に要する費用は会員協力費、事業に伴う収入等の運用財産をもって支弁する。

 

第4章    支部細則

(支部長、支部会)

第1条    支部長は第2章第1条第六号に規定する関係者を招集して支部会を開催する。

議長は支部長が務める。

第2条    支部会の議事については出席者の過半数をもって決し、同数の時は議長が決するところによる。ただし支部顧問は議決権を持たない。

第3条    支部会欠席の場合は代理の者を出席させるか支部会に全事項を委任する。

     連絡なく支部会を欠席した場合は支部会決定事項に従う。

第4条    支部会は、支部役員の選任および事業計画、支部の運営、会計(予算・決算)、備品等の管理等に関することを審議し、これを議決する。

第5条    支部長は支部理事より選任する。

任期は2年(3期連続不可)とし支部会にて選任する。

自薦、他薦は問わない。

第6条    支部理事とはショップ所属チーム代表者または支部会にて定めた地区分けに基づく、地区内登録者数第1位(順位は前年12月31日時点の登録者数)のチーム代表者とし、支部会にて選任する。任期は1年とする

第7条    支部顧問は支部会にて選任する。

自薦、他薦は問わない。任期は1年とする。

第8条    支部会計監査役は支部会にてチーム代表者より選任する。

自薦、他薦は問わない。任期は支部長の任期に準ずる。

第9条    支部長、支部顧問は任期を問わず、支部会の承認なく辞任することができる。

支部長が辞任する場合は新支部長選任の為の支部会を招集する責を負う。

(支部活動費)

第10条支部の活動に必要な費用は会員協力費、大会エントリー費、寄付金などの収入を充当する。

第11条 本支部の収支に余剰金がある時は、翌年度に繰越するものとする。

 

第5章    登録等

(チーム登録)

第1条    登録はNSAの会則に従い、1チーム5名以上とする。

(チーム)

第2条    支部会にて次の各号に該当すると判断されたチームは、支部活動への参加資格を失うことがある。

一)            支部主催の大会において、無断欠席や非協力的なチーム

二)            支部長への連絡なく、支部会への出席義務を怠ったチーム

(正会員登録)

第3条    正会員の登録は通年で行うものとする

第4条    毎年12月31日現在の正会員を支部予選の参加資格保持者とする

(支部協力費)

第5条    支部正会員は支部協力費として年間1000円を納める義務を負う。

第6条    支部はいかなる場合もこれを返金しない。

第7条    支部収支状況により特別協力費を求める場合がある。これの納付は任意とする。

第8条    支部協力費はチーム代表者が徴収し、事務局へ納付するものとする。

(会員の除名および処分)

第9条    支部正会員が次の各号に該当するときは、支部会の議決を経て、支部長が支部活

動への参加を制限することができる。この場合、その会員に対し議決の前に弁明の機会を与えねばならない。

1.  本支部の名誉を傷つける行為があったとき

2.  本支部の会員義務を怠ったとき

 

第6章 大会運営

1.支部長 支部の代表として支部主催行事を統括し下記の実務を行う

     (1)本部または他支部および行政等との調整業務

(2)支部予選・支部主催大会の会場手配、当日準備品の手配

(3)大会開催可否の決定(競技委員長・ジャッジ委員長と協議)

       (3)当日の対外トラブル処理

       (4)競技委員長の任命(支部内チーム登録の正会員とする)

       (5)ジャッジ委員長の任命(支部内チーム登録の正会員とする)

2.競技委員長 支部予選・支部主催大会の競技進行を統括し下記の実務を行う

         (1)進行表の作成

(2)ヒート表の作成

(3)競技エリアの決定(ジャッジ委員長と協議)

(4)レギュレーションの決定と告知(ジャッジ委員長と協議)

3.ジャッジ委員長 支部予選・支部主催大会のジャッジを統括し下記の実務を行う

         (1)ジャッジの選出

         (2)ジャッジローテーションの作成

         (3)当日のジャッジミーティング

         (4)当日のルール説明

         (5)競技時間の変更等の決定(競技委員長と協議)

         (6)プロテスト

 

第7章 補則

第1条 本規約の改定は支部会にて行う。

 

                                   全面改訂 2011年7月10日